FXサンクコスト効果! 回避する? 逆手に取って上手に付き合っていく?

メンタル・マインド

これまで費やしたお金を少しでも早く取り戻したい、そんな思いに駆られて、もはや論理的思考はできなくなります。

もちろん合理的な判断、行動は望むべくもないです。

サンコスト効果……。

ひとことで言うなら「もったいない病」でしょうか。

今回は、トレードに限らず、非合理的な行動により無駄に時間、お金を費やすといったことにならないように、サンコスト効果との向き合い方について見ていきたいと思います。

この記事で解決してもらいたいことは以下になります。

サンコスト効果を上手に利用して冷静に相場を見るようにする
サンコスト効果を上手に利用して諦めないという思いを持続する

では、よろしくお願いします。

サンコスト効果とは?

たとえばFXトレードに費やした時間、お金を考えると、いまトレードをやめるのはもったいない、になってしまっている心理。これはサンコスト効果と言えます。

冷静な判断はできません。撤退のタイミングであるのに先延ばしにして、損は拡大します。まったくもって合理的でありません。

さらにひとつ例を挙げると、

時間とお金を投資してAとう製品を開発しています。
しかし、他社には出し抜かれたりして、その製品を売り出すタイミングを逸しました。いま市場に流してもおそらく売れません。

ここで開発プロジェクトを中断して、すべてを無駄にはせずに路線を変えていこうという案が出ます。
しかしリーダーはこれまでかけた時間と労力、そして資金を思うと首を縦に振れません。

メンバーは「うそ~ン」と呆れています。

ここからのコストをできるだけ抑えてやり直せば、もしかすると他社との差別化が図れる商品を開発、そして売り出すことができて利益も見込めるかもしれないのに!

リーダーは完全に合理的な判断ができなくっています。

サンコスト効果の要因は損失回避!

サンコスト効果が生まれる要因として、損失を回避しようとする心理バイアスがかかっている、があります。

得る喜びよりも失う怖さを強く感じることを、損失回避性と言われています。

たとえばこういう話を聞いたことがあるのではないでしょうか。

無料で引けるクジがあります。それは、
『50%の確率で1万円が当たる(もらうことができる)が、50%の確率で外れて1万円を払わなければならない』というクジです。

多くの人が「引きたくない」と思うでしょう。同じ確率であるのに1万円を失うリスクのほうが強く感じているわけです。

今日のトレードは損切りになって負けています。
負けを取り戻したい衝動で、またエントリーします。すると含み益が少し出ました。
いまある利益がなくなってはと、さっきの損と相まって……チキン利食いです。

少し先の利益より、少し前の損失を強く感じていることからの行動、これも損失回避と言えそうです。

では、サンコスト効果から逃れるにはどうすればいいのか。

過去の行動によって得られた結果が、いまを左右するほどの影響を与えているのであれば、
やはり、自分自身の過去の行動を省みつつ、「いまサンコスト効果に陥っているぞ」と自覚する、これしかないのでしょう。

そして自覚するためのきっかけにするため、このワードをサインとしましょう。

それは〝せっかく〟です。

「せっかくここまで、(どうのこうの)だったのに~」

この言葉で注意喚起! 一歩を踏み止まって、これからしようとする行動を見つめ直すのです。

冷静になるまで相場から離れてください。
合理的な考えができるになるまで、ですよ。

サンコスト効果を逆手に取って上手に付き合っていく!

これまで話してきた、もったいない、という心理からくるサンコスト効果。

損失回避をしてしまう行動を逆手に取ることもできそうです

どういうことか。

たとえば、FXの勉強教材を買います。
お金を払っています。

どういう心理が働くのかは……ご想像のとおりです。

そうです。

ここで諦めて、やめてしまったら〝もったいない〟です。

諦めなかったことで、この先、トレードで成功している可能性は高まります
逆手に取った結果、勉強の継続に繋がったわけですから。

これは日常生活においても、ビジネスシーンにおいても応用できる思考だと思います。

自分をいい意味で騙す、というのでしょうか。

その他の心理効果について、以下の記事を参考にしてもらえると幸いです。
FXトレードのスキルUPにも多いに役立つと思います。

【関連記事】こちらもお読みください。
「FXプロスペクト理論とはなに? だれもが損をしたくない!」
「アンカリング効果とは? FXトレードで活用されてはいけない理由!」
「FXバンドワゴン効果! 効果の意味とトレードに及ぼす影響を考える!」
「FXに活かさない!? ギャンブラーの誤謬(ごびゅう)!」

まとめ

サンコスト効果は、ひとことで言うなら「もったいない病」です。

これまで費やしたお金を少しでも早く取り戻したいに駆られて、もはや論理的思考もなく、合理的な判断、行動ができなくなります。

損失を回避しようとする心理バイアスがかかっていることが、サンコスト効果を生む要因です。

サンコスト効果から逃れるにはどうすればいいのか。

「せっかくここまで、〇〇だったのに~」と、
〝せっかく〟のワードをサインとしましょう、でした。
このサインに気づいたら、踏み止まって次の行動を見つめ直す、です。

そして、サンコスト効果と上手に付き合うには、逆手に取る、でしたね。
ここで諦めて、やめてしまったら〝もったいない〟です。

自分をいい意味で騙すということです。

成功に向かって、頑張りましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました