FX 勉強方法とは? トレードは学ぶ姿勢が大事!

FXを始めたい

FXの勉強は継続するもの、と思っています。
終わりなき学習、それがFXで稼ぐ(仕事)ということです。

FXで成功したいと、デモトレードや小ロットでのトレードを繰り返して勉強している方が、このブログを読んでくれていると思います。

今回は、『まだ勝てていないとしたならFXを学ぶこと、その姿勢についていま一度考えてみましょう』というテーマでお話しします。

この記事で解決してもらいたいことは以下になります。

自分がいま、どう相場に向きあって勉強しているのかを理解する
正しい勉強の姿勢がどういうものなのか、あらためて考え直す
諦めずに継続するという気持ちを、あらためて思い起こす

まだ見えていなかった勝つために大事なこと、を知るきっかけになればと思います。

では、よろしくお願いします。

教材、というものについて

最初に言わせてください。
FXはお金をかけて勉強すれば勝てるようになると保障されているわけでありません。

「そんなこと、わかってるよ!」
と叱責を受けそうです。

でも、本当にそうでしょうか。

そんな甘い世界ではないことは頭で理解しつつも、教材を購入した時点で、
「よし、頑張って勉強するぞ」
という意欲とともに、
「この教材に書いている通りにすれば勝てるようになるんだ」
という期待が大きくなっている……

そして逸る気持ちを抑えられず、半ば強引にトレードに臨んではいないでしょうか。

ただここで、
高額な教材でも勝てないものは勝てないだとか、無料の教材でも十分に勉強になって勝てるようになるだとか、そんなことが言いたいわけではありません。

とにかく、教材がすべてでないということと、お金をかけるかの判断は、その内容が伴っていなければならない、ということです。

トレードというのは、ひとりで行うものです。
コミュニティでの集りなど意見交換の場がある方もいると思いますが、エントリーを決めて、その結果を受け入れるのは自分ひとりの責任です。

「ここはエントリーできると思うんだけど、どうかな?」

このような質問に答えてくれる人はいません。

資産が減って辛いの自分で、だれも助けてくれません。

いや、だから、

「それがわからないから苦労してるんじゃないか」

そんな声が聞こえてきそうだって……

そう、わからないうちは、お金をかけなくてもいいのです。

自分が習得したトレードのスタイル、トレーダーとしての在り方、というものがおぼろげでも形になってきて、言葉で説明できるようになるまでは、数百円からの書籍であるとか、成功者たちのブログで勉強で充分ではないかと。

自分のスタイルが見えてきたら、むしろお金をかけて、知識習得を畳み掛ける、がいいように思います。

最初にお金の勉強をするのもいいかもしれませんね。

投資を学ぶ
 ↓
自分の中の金融リテラシーが上がる
 ↓
FXへの向き合い方が変わってくる


スポンサーリンク


次はFXを学ぶ姿勢についてのお話です。

学ぶ姿勢、というものについて

FXは、毎日トレードしていればいつかは勝てるようになる、と思ってはいないでしょうか。

たしかに毎日相場に向き合っていれば、勉強の積み重ねにまります。
間違った表現ではないのでしょう。

だけど、いつか勝てるようになるという姿勢は、危険な臭いを感じませんか?

い、

いつまもで勝てない……

往々に含まれている言葉である気がしてなりません。

学ぶ姿勢というのは、1日でも早く勝てる技術、知識を習得するために貪欲になることだと思っています。

何故負けたのか、勝ててもルール通りだったかなど謙虚に結果を捉え、負けたらもちろんのこと勝ててもルール通りでなかったのなら猛省して、明日からのトレードに臨むことではないでしょうか。

厳しい言い方をすれば、なんとなくで身に付くものではなく、何かのついでのようにトレードをしていても勝てる世界ではない、ということです。

「貪欲に取組んでも勝てないものは勝てないぞ~!」という声も聞こえてきそうですが、たしかにそうですね。

要するに、簡単には勝たせてもらえないのがFXです。

人間は欲の生き物、「難しく考えずに軽い気持ちでトレードすると案外いい結果になる」、というような表現している記事を時折目にすることがあります。

が、安直に賛同できません。

たしかに、欲が先行して、損切りができず塩漬けになって大きく資産を減らすこともあるでしょうし、エントリー後に他のことで忙しく、放っておいたら思惑以上に伸びていて大勝ちする、そんなことだってあります。

でも、それは、鼻歌まじりにトレードしていれば、安定して勝てるようになるよ、という話ではないはずです。

決してあきらめず、学ぶ姿勢は貪欲に、です。

あきらめない、ということについて

貪欲に物事を吸収する様と、「絶対、あきらめないぞ」という根性論は、どこか同じ空気が漂っている気がしませんか?

ここでは学ぶ姿勢と同じような話にはなるのですが、あきらめない姿勢についてお伝えします。

そしてまた、ひとこと言わせてください。

もしFXで成功して夢を叶えたいのなら、絶対にあきらめないでください。

とにかく、勝てない日々の連続に悩まされます。

FXって勝てるの?

だれか勝っている人がいるの?

個人投資家レベルでは投機筋からただカモにされているだけじゃないの?

ブログを書いている人も本当に勝っているの?

もはや疑心暗鬼も甚だしくなります。

  絶対に勝てんぞ!
  どうしたら勝てるんだ!

  また負けた! 今日も負けた! 負けた! 負けた!

実は16連敗したことがあります。
16連敗ですよ。
適当に鉛筆を転がして、売り買いを繰り返しても16連敗しませんよね。

・・・・・・

16連敗、やろうと思ってもできませんよ。

(しつこい!)

運が悪いとか神様のいたずらだろうと無理やりに理由づけしても、割り切れるわけもなくて頭は真白になりました。

自分にはFXは向いていないのだろうな、という思考にも陥ります。

だけど、あきらめられなかった。

このときどうしたかというと、いったんリセットしました。
それまでやってきたことは横に置いておき、一から勉強を始めました。

また基礎からです。

そしてそれから2年が経ち、またどん底に陥ります。

またもや高い壁に阻まれてしまいました。

そのときすでにFXを始めてから5年が経っていたのですが……

結局、いま思えば、根本的に勉強のやり方、FXに向かう姿勢が間違っていたのです。

そこでもあきらめられず、またリセットするつもりで、別の教えに従い勉強し直しました。

ちなみにそれが、いまの私のスタイルの根本的なところです。

何度も言うようですが、FXは難しいです。
勝てないです。

だけど、
あきらめたらFXは難しく勝てないもの、で終わるだけです。

諦めない思考やモチベーションの上げ方について、以下の記事でも触れていますので、参考までにご覧ください。
「兼業トレーダーだから伝えることができるモチベーションの上げ方!」

どうかあきらめないでください。
勉強の方法を根本から見直すことも大切です。



スポンサーリンク

まとめ

FXで勝ててないのなら、学ぶ姿勢をいまいちど考えてみましょうという話をさせてもらいました。

高額の教材を学ぶことが必ずしも勝てるようになることではなく、あくまでも学ぶ姿勢が大事であるということ、そして絶対にあきらめずに継続することをお伝えしました。

あきらめないでください。

成功に向かって、頑張りましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました