グランビルの法則! プライスアクションからの考察!

テクニカル分析

エントリーポイントを探るうえで、重要なヒントを与えてくれるのが〝グランビルの法則〟です。

多くのトレーダーが意識しています。
相場の流れに上手に乗るヒントがあるからです。

今回は、『売買ポイントのヒントを探るべく、〝グランビルの法則〟』をテーマにお話しします。

この記事で解決してもらいたいことは以下になります。

上昇から下降、下降から上昇の転換ポイントを知る
もう上がらない、下がらないのポイントを知って優位性の高いエントリーポイントを探る

理解を深め、今後のトレードに活かしていきましょう。

では、よろしくお願いします。

グランビルの法則とは?

グランビルの法則は、ジョゼフ・E・グランビル氏(米国のアナリスト)が考案した理論です。

相場の方向性を分析するうえで重宝される理論、
移動平均線の向き、乖離率などから分析します。↴

以下は、移動平均線の習性と言われています。

現在値は移動平均線と交わると、離れていこうとする
現在値と移動平均線の乖離が大きくなると、現在値は移動平均線に近づいてくる
(※これは押し(戻り)目を作ろうする動きになりますね)
トレンド相場では、移動平均線が抵抗帯となって値動きをトレンドの方向に向けようとする

あくまでも習性、ということです。難しく考える必要はありません。
基本的には、
 移動平均線が上方向で、現在値が上にあれば買いが優勢
 移動平均線が下方向で、現在値が下にあれば売りが優勢
でいいわけです。

【関連記事】こちらもお読みください。
「FX移動平均線とは? その見方、活用方を紹介! シンプルが一番!」

移動平均線の基本概念とプライスアクションが融合された考察であることは、上記の図からも見えてきます。

青〇赤〇は、移動平均線と現在値をベースにした〝売買ポイント〟になります。

グランビルの法則 8つの売買ポイント!

グランビルの法則には買いの4パターンと売りの4パターン、合計8つの売買ポイントの考え方があります。↴

【買いのサイン】

1⃣移動平均線が横ばい、または上向きに転じたときに、値動きは移動平均線を下から上に突き抜ける。
2⃣移動平均線が上向きのときに、一旦値動きとしては下落して移動平均線を下抜けるも、すぐに上昇して再度移動平均線を下から上に突き抜ける。
3⃣移動平均線が上向きのときに、一旦値動きとしては移動平均線の手前まで下落するも、移動平均線を下抜けることなく再度上昇する。(※上記図では少し下抜けていますが)
4⃣現在値が移動平均線の下に大きく離れる。

【売りのサイン】

5⃣現在値が移動平均線の上に大きく離れる。
6⃣移動平均線が横ばい、または下向きに転じたときに、値動きは移動平均線を上から下に抜ける。
7⃣移動平均線が下向きのときに、一旦値動きとしては大きく下落し再度上昇し移動平均線を上抜ける。
8⃣移動平均線が下向きのときに、一旦値動きとしては上昇するも移動平均線の手前で止まり再度下落する。

以上が8つの売買ポイントになります。

移動平均線の傾きや値動きを観察することで、トレンドの方向やボラティリティが確認できます。
とてもシンプルでわかりやすい法則ですね。

グランビルの法則 プライスアクションからの考察!

果たして、グランビルの法則は、優位性の高い売買ポイントに光を当ててくれているのか!?

前項をもう一度見ていきます。

買い①のポイントでは、移動平均線が上へと傾きが変化していきます。
売りから買いへのトレンド転換サインになっています。
そして値動きは移動平均線の上に抜けて、買いが優勢となったポイントになりました。

このプライスアクションでわかることは、
もう売れません!
ということですよね。

②や③も売れるところではないことは一目瞭然です。とても分かりやすくていいです。
(売りの場合は逆で考えます)

グランビルの法則はプライスアクションを基軸に、現在値の動きが根拠となっています。

相場の本質というのは変わらないので、やはり覚えて得することばかりの法則であり、示唆される売買ポイントはかなり優位性が高いと思います。

【関連記事】こちらもお読みください。
「FX相場の本質とは? 勝てない理由がここにあった!」

まだ自分ルールが定まっていない、FXを始めて日が浅いということであれば、ひとまずグランビルの法則を集中して勉強するのもいいかもしれません。

もちろん、グランビルの法則だけを覚えて勝てるわけではないですが、
売り買いの概念、
売りから買い、買いから売りへと転換するプライスアクション、
を学ぶこともでき、各段とスキルは上がることでしょう。

とにかく、グランビルの法則にはトレードの基本が詰め込まれています。

まとめ

グランビルの法則は、相場の方向性を分析するうえで重宝される理論です。

多くのトレーダーが意識しています。

そして、売買ポイントを探るうえで、とても重要なヒントを与えてくれるのもグランビルの法則でした。

買いの4パターンと売りの4パターン、合計8つの売買ポイントです。

グランビルの法則にはトレードの基本が詰め込まれています。理解を深めることができれば各段とスキルは上がることでしょう。

成功に向かって、頑張りましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました