FXローソク足のプライスアクション! 予測を立てやすくする2つの形!

プライスアクション

前回、前々回とローソク足プライスアクションを見てきました。

FXローソク足のプライスアクション! まずは基礎から覚えよう!
FXローソク足のプライスアクション! これは覚えておきたい4つの形!

ここまで見てきてもうおわかりかと思いますが、ローソク足の形、その1本はあくまでも予測を立てるためのサインである、ということです。

相場が今後どういった流れで動いていくのか、そしてその流れに乗り遅れないためにも、
今回は、『ローソク足の組み合わせによる転換・継続のサイン』、2つの形を紹介します。

この記事で解決してもらいたいことは以下になります。

押し目買い、戻り売りのタイミングを計る(無駄なエントリーを減らす
上位足の出現によって下位足でエントリーポイント探る(勝率を上げる)

では、よろしくお願いします。

■包み線

包み線は文字通りに、前のローソク足を包むように長いローソク足のことを言います。
基本的に転換のサインとなります。

下記の図では陽線が陰線を包んでいます。↓

安値圏で陽の包み線が出現しています。そして上昇へと転換しました。

下記の図では陰線が陽線を包んでいます。
高値圏で陰の包み線が出現しています。そして下降へと転換しました。↓

やはり、陽の包み線は天底圏での出現、陰の包み線であれば天井圏の出現、は信頼度が高いです。
包むローソク足の数が増えるとさらに信頼度は上がり、転換の期待は高まります。

■はらみ線

はらみ線は、その後のローソク足を高値と安値の中に納める長いローソク足のこと言います。
包み線と違って、転換サインということではありません。

見方としては、高値と安値をレジスタンスラインとサポートラインに見なすとわかりやすいでしょうか。つまり、ブレイクした方向に値は動きやすいということです。

下記の図では陽線がその後のローソク足を数本、高値と安値の間に納めたあと、安値(サポートライン)を下にブレイクしています。↓

下記の図では、陰線がその後のローソク足を高値と安値の間に納めています。

上昇中であれば、はらみ線の高値(レジスタスライン)上抜けすると上昇継続の可能性は高まり、安値(サポートライン)を下抜ければ下降に転換していくのだろうと理解しておきましょう。

また、包み線もそうでしたが、高値と安値の間に納めるローソク足が多いほど、抜けたときの値動きが大きくなる傾向にあります。

エネルギー貯めてからの放出、のイメージでしょうか。反動が大きいということですね。

今回紹介したローソク足の組み合わせによる転換・継続のサインは、上位足で出現することで、下位足におけるエントリーポイントを探しやすくするものでもあります。

下位足におけるトレンドフォロ―であるのか、トレンド転換であるのか、示唆されることで無駄なエントリーは激減します。勝率が上がることも言うまでもないことです。

しっかりと練習してトレードに活用してください。

まとめ

FXローソク足のプライスアクション! まずは基礎から覚えよう!
FXローソク足のプライスアクション! これは覚えておきたい4つの形!

そして今回、以下のローソク足の組み合わせ転換および継続のサイン、2つの形を紹介しました。

 ・包み線
 ・はらみ線

ローソク足の形、その1本はあくまでも予測を立てるためのサインです。

相場が今後どういった流れで動いていくのか、そしてその流れに乗り遅れないためにも、ローソク足プライスアクションは大切な要素です。

トレードにしっかりと活用していきたいですね。

成功に向かって、頑張りましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました