FX 自己実現!マズローの欲求5段階説が紐解くトレード心理!

コラム

私たちには‶欲〟があります。

人間の欲求には5つの段階があるとする心理学理論をご存じでしょうか。
それが‶欲求5段階説〟と呼ばれているマズローの法則です。

夢を実現したい、認められたい、安全に安心して暮らしたいというそれらの‶欲〟たちは、5つの階層に分かれているというものです。

今回は、『マズローの法則を知って、トレードに応用できないか』がテーマになります。

この記事で解決してもらいたいことは以下になります。

相場との向き合い方をあらためて見直す機会を作る
自分の足らないところ、弱点を見つける

日々、トレードと向き合っていますよね。
モチベーションを高めていきたいです。諦めないという自己の実現をしたいです。

では、よろしくお願いします。

マズローの欲求5段階説とは?

そもそも、どういった考えが基にあるのか、ここではマズローの欲求5段階説を見ていきたいと思います。

前述したとおり、ひとには‶欲求〟があります。
そして、5つの階層に分かれているとマズローは言っています。

上記の図にあるようにそれぞれの欲求は、下の階層の欲求の上で成立します。
ひとつずつ見ていきましょう。

1.生理的欲求
これはひとの基本的な欲求ですね。
たとえば快適な環境を整えたり、自分や家族を守るために、生活していくために衣食住を充実するための必需品であったりを、安定して確保できるための収入などを指します。

2.安全欲求
この欲求も日々どれだけ充実しているのか。やはり自分や家族の安全はずっと気になっているわけです。そして安心感を得るために一生懸命に働きます。
トレードに当てはめるなら、精神的に安全であると感じられることの環境を整えなければなりません。資金管理がわかりやすいでしょうか。未来に不安しかないなら、モチベーション維持も難しいですよね。

3.社会的欲求
この欲求は、一定数の従業員がいる職場であれば理解しやすいでしょうか。
自分がプロジェクトのメンバーで常にその意識が持てるなら、「よし、結果を出すぞ」とモチベーションアップに繋がることは言うまでもありません。
しかしながら、トレードは孤独との戦い、組織的、社会的にいま自分がどうあるのか、が見えないです。

4.承認欲求
自分は成長している。明らかに成功に向かって突き進んでいる。
結果も出ているのだから。それらを周りのひとたちから認めてもらいたいのが承認の欲求です。
そうです。自尊心を感じたい、いえ、感じていることが重要になってきます。
しかしながらこれも、トレードにおいては難しいことではある気がします。
自分自身を励まし、自分自身に自信を持っていいのだと、自分で自分を認める、そう言い聞かす……。
ちょっと無理があるのかな、です。

5.自己実現の欲求
最後の段階は自己実現への欲求です。
これこそが、個人のポテンシャルを最大限に引き出すことを意味しています。
だれだって頑張っています。精一杯に仕事をしています。そしてそれを感じたいのです。感じることで成功するまでのモチベーション維持にも繋がってきます。
意欲が低下しては歩く気力も失せて、やがて立ち止まります。
だけど、だからといって、無理はいけません。
トレードで成功するという自己実現のために、日々のチャート分析が苦痛になってしまっては本末転倒ですから。

さて、次はこれらの欲求、5つの階層をトレードにどう応用できるかについて見ていきたいと思います。

マズローの欲求5段階説をトレードに応用するには?

マズローの欲求5段階説がトレードにどう活かせるのかを見ていきましょう。応用ができればトレードの改善点が可視化できるかもしれません。

まず、自分の欲求がトレードの成功にどのように影響してくるのかを認識していなければならないと思っています。

たとえば、「とにかく資金が減ることが我慢ならない」と、そんなひとにとっては欲求を満たすことが困難になる気がしますよね。

前述している最上位階層に到達するためには自己実現が条件です。

自分のスキル、たとえば想定外の値動きにどう対応するのか、できるのかを理解しなければならず、それが当たり前に求められます。

そのための必要な能力は、特定した欲求をポジティブに満たしていく能力であり、それがあれば成功に近づくことは言うまでもありません。

では、ポジティブに欲求を満たしていくの能力、その‶行動〟とはなんでしょうか。
そう、それはルールを作ることです。安心、安全な資金管理、優位性の高い手法です

とにかく安全なルールに則ってトレードをしていると感じることです。それが限りなく自己実現欲求が満たされていることに繋がってきて、成功に導くことになるという気がします。

守れないルールではだめです。優位性が低い手法ではだめです。土台無茶な資金管理はお話しになりません。モチベーションは下がる一方です。

現時点でいま自分はどこまで目標に近づいているのか、そして自分の欲求がどこまで満たされているのか、自己分析をしてみてください。

トレードの改善点を可視化する、に繋がると思いませんか。
そうなれば、負けないトレードをする方法論が見えてくると……そうも思えてきます。

マズローの欲求5段階説とトレード

さて、あらためて私なりに、マズローの欲求5段階説をトレードに当てはめてみました。

▶生理的欲求・・・
夢の実現のため、お金が必要で早く稼ぎたい!

▶安全の欲求・・・
過度のストレスに晒される労働やハラスメントといった不快な人間関係のない仕事場を作りたい!
家族をしっかりと守れて、老後の心配を排除したい!

▶社会的欲求・・・
独立して自らが社長となり、ビジネスを通して良好なひととの繋がりを築いていきたい!

▶承認欲求・・・
自分の実力を知ってほしい、認めてほしい! 実績とその方法を公表したい!

▶自己実現欲求・・・
トレードを通して社会に貢献できるビジネスがしたい!
大きな家に住みたい!
老後のための充分な資金を貯めたい!

と、こんな感じでしょうか。

もちろんひとそれぞれにトレードへの向き合い方も違います。上記の限りではないしょうが、大事なのは、こうして自分の欲求を洗い出すということです。

もうおわかりのことと思います。自分の欲求といまある現状がどれだけ乖離しているのか、はたまたどれだけ近づいているのか。

自分に何が足らなくて、であればいま何をするべきなのかが見えてきます。
休日を返上しての過去検証?  それともひたすら繰り返すケーススタディ?

【関連記事】こちらもお読みください。
「FX勝つ人になる! 自分の価値を見出してそのニーズを満たす!」

とにかく、マズローの法則を活用して、自分がトレードという仕事に何を求めるのか、明確にしていきましょう。

勝てない。どうしても勝ちたい、と同じ場所をぐるぐる回っているのだとしたら、突破口が見えてくるかもしれません。

まとめ

マズローの欲求5段階説がどういった考えが基にあるのか、トレードにどう応用できるのかを見てきました。

そして、マズローの法則が説く欲求をトレードに当てはめてみました。
自分がトレードという仕事に何を求めているのかを明確にしていきましょう、が目的です。
洗い出すことで、自分の欲求といまある現状との乖離が見えてきます。

いずれにして気持ちの整理はとても大事です。まだ勝ててないのなら、一度相場から離れて、自分を見つめ直すことも必要です。

マズローの法則を活用することで霧が晴れ、勝てるためのトレードというものがもっと明確に見えてくるかもしれません。

成功に向かって、頑張りましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました