自分を変えたい? 大きく変わる社会! それは願いを叶えるチャンス!

コラム

社会、経済活動に大きな変化が起きています。

そして思うのは、
〝変わるチャンス〟だということ。

新型コロナウイルス感染の危機、私たちはいま、何を投げかけられているのでしょうか。

今回は、『社会の変化において、自分が変わるためには何が必要か』というテーマで話をしします。

この記事で解決してもらいたいことは以下になります。

自分を変えるために不要な悪しき行動を知る
逆風をもろともしない強い精神を無理をして作る必要ないことを知る

では、よろしくお願いします。

社会が変わる。自分が変わる。

リモート会議、テレワーク……

社会が変貌を遂げつつあります。

もちろん、リモートワークが可能ではない業態で働いている人たちが、社会のインフラを支えているのも事実です。

電車に乗って通勤する。
感染のリスクは高まる。
経済活動は止められない。

このスパイラルは、

いつまで続くのでしょうか。

ここで少し、FXの歴史を振り返りたいと思います。

FXは1990年代半ば、米国市場で誕生しました。
日本と言えば、1998年4月に外為法が改正されて、個人の為替取引が自由化されました。
そしてその年に末に、FXを扱う業者が出てきます。

これを聞いて、日本のFXの歴史はまだ20年ほどなのか、と思いませんでした?

当時はインターネット取引もなく、すべて電話での取引だったそうですが、規制がないことをいいことに悪徳業者も現れたとか。

デジタル普及により社会は進化を遂げてきましたが、FXもその恩恵を受けていますよね。
スマホ、ノートパソコン1台でトレードができるのですから。

そしてそれは、在宅ワークの最たるものであると私は思っていて、
FXをビジネスと捉え、
コロナで変わるこれからの時代を生き抜くための手段のひとつ、
としたいところではあります。

自分は変わりたい、成功したいと私は思っています。

であれば、行動あるのみ、なのでしょう。
在宅ワークのスキルを身に着けたいのであれば、まずは副業から始めてやがては本業に、という手順もあるでしょう。



スポンサーリンク


そして、FXは副業になり得るのか。
このことについては別の記事でも触れていますので、参考までに確認ください。

【関連記事】
「FXは副業になり得るの? おすすめする理由がある!」

自分を変えられない悪しき行動たち

自分を変える。
そしてFXで成功するためには、合理的な意思決定はとても大事はファクターであることは言うまでもないことです。

ただ、とかく人とは、合理的な意思決定ができないものです。
リスクや不確実性の高い状況に出くわすと、それは顕著に表れます。

それではFXで勝つことは難しい、

というわけですよね。

〝認知バイアス〟という言葉をご存知でしょうか。

いわゆるポジポジ病といったもの、こうなってくれと願うギャンブルトレードをしてしまうのも認知バイアスによるものです。
資産が増えた減ったと、金銭が絡んでいる状態だと人間が本能的に行ってしまう行動です。

FXの成功を妨げる、悪しき行動たちを紹介します。

プロスペクト理論
 利益は早く確定してしまいたい、でも含み損は認められない、
 マイナスは見ないようにしてしまう傾向にあります。
【関連記事】
「FXプロスペクト理論は克服すべき! 勝つための方法を解説!」
サンクコスト効果
 エントリーしてすぐに逆行、含み損を抱えてしまい、
 本来ならここで損切りだ! というラインに来たにも関わらず、
 撤退しなければという決断の邪魔をしようとする思考です。
【関連記事】
「サンクコスト効果とは? トレードに利用するために、上手に付き合っていく方法!」
バンドワゴン効果
 人が持っているから欲しくなる、流行に乗り遅れたくないといった心理が働く状態です。
 FXにおいては、トレンドに乗る、乗り遅れたくない、と例えることができるでしょうか。
【関連記事】
「FXバンドワゴン効果とは? トレードに及ぼす影響を考える!」
アンカリング効果
 最初に見た数字、印象に残っている数字が基準になり、
 そのあとの判断に影響を及ぼすという心理効果です。
 FXでは、実際は上げ過ぎでも下げ過ぎでもないのに一定の価格帯、
 ボラティリティに捉われてしまい、そう感じてしまう状態のことです。
 そろそろ上がる(下がる)だろうと考えのるは、この効果から来る影響が大きいと思います。
【関連記事】
「アンカリング効果とは? トレードで活用されてはいけない心理! その理由を解説!」
ギャンブラーの誤謬(ごびゅう)
 コインの表裏を当てるゲームをしていて、たとえば5回続けて表が出たら、
 次はさすがに裏が出るんじゃないか、その可能性が高いだろうな、と思ってしまいませんか。
 5回表が出ようと裏が出ようと、表裏が次に出る確率はともに50%で変わりません。
 FXにおいては、上昇トレンドが長い期間続いたとします。
 そろそろ下がってこないとおかしいだろうと感じてしまいます。
 これがポジポジ病やギャンブルトレードに繋がる心理状態になります。
【関連記事】
「ギャンブラーの誤謬とは? トレードにおける心理を解説!」

自分に当てはまるものはないか。
これらの行動を知ると知らないで、FXの勝ち負けを大きく左右すると思っています。

自分を変えるために、逆風をもろともしない精神は必要か?

トレードをしていると、逆風に立たされっぱなしだと思ってしまいませんか。

買いでエントリーをすれば、下がってくるし、1ミリの含み益も出ないままあっというまに損切りに!

そして連敗が続き資金は減っていくばかり。
トレードすることがすでに逆行に立っている、とさえ思ってしまいます。

こんな時代です。
逆風をもろともしない精神が必要となってくるのは言うまでもないことです……。

では、どうすれば、どういう行動を取れば、強い精神を作れるのか。

思うところ、
その行動とは、逆境と思わないではないのかと。

いつなんどき、どんな苦境に立たされても、どんな状況に陥っても、
いま、自分は逆境に立っていない、と自分の脳を騙すというのか……。

逆風を追い風に変えるには、思い込む、という思考が必要なのだと。

逆風をもろともしない精神になる! ならなければ! 
と思う必要はないような気がします。

もちろん私たちは変わりたい、成功したいと思っています。

しかし、強くならなければ変わらなければと、自分に無理強いしてストレスを抱えないようにしたいものですし、コロナ禍のこんな時代だからこそ、無理をして病気になってしまっては本末転倒です。

ただでさえ複雑な社会に生きている私たちですからね。
心と体のバランスを崩さないようにしたいものです。



スポンサーリンク


マインドを安定することが要求されるトレードというお仕事ですから、心の問題や生活環境などのケアも十分に考えていくことも必要でしょう。

むりせず、ゆっくりとです。

焦らず、一歩一歩です。

結論、逆風をもろともしない精神なんて必要ない、です。

まとめ

コロナ禍で変貌を遂げつつある社会に対して、自分も変わりましょう、というお話です。

そしてFXにおいて、成功に必要な合理的な意思決定について、
その意思決定を邪魔する認知バイアスについてもお伝えしました。

こんな時代だから変わりたい、変わらなければならない、そう思います。

ただ、無理はしてはいけない。

逆風をもろともしない精神が必要だと考えるのではなく、
逆風を追い風にする、思い込み、が大事です。

成功に向かって、頑張りましょう。


コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

タイトルとURLをコピーしました