FXマルチタイムフレーム分析は必須!重要性をわかりやすく解説!

FXお役立ち情報

大局的に物事を見ることはとても大事で、判断が迫られるときなど、良い結果を生むことは多いです。

FXにおいて、ひとつの時間足チャートを見てエントリー判断をすることは危険です。
それは、相場を俯瞰して見れていないことにもなり、良い結果に結びつかない可能性は高くなります。

今回は〝マルチタイムフレーム分析〟についてお話ししたいと思います。

この記事で解決してもらいたいことは以下になります。

上位足からの大きな流れを把握する(環境認識)
マルチタイムフレーム分析を知って相場を俯瞰してみる

では、よろしくお願いします。

マルチタイムフレーム分析とは?

相場を俯瞰して見るには、マルチタイムフレーム(MTF)分析が欠かせません。

異なる時間チャートを見ていく分析方法です。たとえば私であれば、
 日足 → 4時間足 → 1時間足 → 5分足
と見ていきます。

例えばスイングであるとか、スキャルピングであるとか、どういうスタイルであってもMTF分析は必須です。

もちろんスタイルによって、重点的に見る時間足は変わってきます。
ちなみに私のスタイルはデイトレードです。

【関連記事】こちらもお読みください。
「デイトレードを考える! 仕事は1日ごとで締めくくりたい!」

上位足を見て環境認識、相場の方向を見ていきます。
売りが優位なのか、買いが優位なのか、それともレンジ相場で揉み合っているのか。

たとえば買い優勢と判断できれば、5分足で買い場(エントリーポイント)を探していくことになります。

上位足から見ていくことで相場の大きな流れが掴むことができます。
そしてそれが、〝大局的に俯瞰して〟見ていることになるわけです。

次はMTF分析がいかに重要であるかを考えます。

マルチタイムフレーム分析の重要性

なぜ、マルチタイムフレーム(MTF)分析を重要視せねばならないのか。

まず、やはりレードにおいては大きな流れを把握することがとても大切になってくる、が理由にあります。
ひとつの時間足チャートを見ていても、限定的な動きの把握になってしまいます。

どういうことか、下記のチャートを見てください。↴

日足は上昇トレンドです。調整の下降から押し目上昇に転換するのか、というところです。
しかしながら、1時間足は下降トレンドですね。↴

もうおわかりかと思いますが、1時間足だけを見ていたら、売りが優位だというバイアスがかかります。
売り一辺倒の頭になると、売ったら上がるを繰り返す〝天底掴まされ〟の可能性が高くなる、ということです。

【関連記事】こちらもお読みください。
「先入観は排除できる? 俯瞰して客観的にみることが大事!」

よく言われている表現ですが〝木を見て森を見ず〟ですね。

下記のチャートは5分足です。↴

上位足の日足が調整の下降から押し目上昇に変わるとき、売りから買いに変化が起こるきっかけは下位足になります。
いわゆる初動です。

上記の図のように日足は調整の下降、1時間足は下降トレンドだとしても、5分足では上昇目線となって、買い優勢に変わっていきます。

少しは見えてきたでしょうか。
売ったら上がり、買ったら下がる。そして含み益もまったくなく損切りになる。そんなトレードを繰り返しているのであれば、MTF分析を見直してください。

最後に、MTF分析の流れを見ていきましょう。

マルチタイムフレーム分析の流れ

異なる時間足を見て相場の大きな流れを知る
最終的に下位足で優位性の高いエントリーポイントを探していく

そして勝率の高いトレードに繋がっていくことになります。

では、私の分析の流れです。
(※いつもならごちゃごちゃとラインがあるですが、MTF分析の流れを掴んでもらえればと思うので、ばっさりと消しています)

まずは日足、4時間足で環境認識です。↴

日足の目線は買い、4時間足は売りの目線ですね。

1時間足のトレンド状況および現在の値動きがどうなっているのか、を見ます。↴

そして狙う一波を決めます。しかし現在の値動きは天底で揉み合っているので、このままさらに下降していくのか、はたまた反転上昇なのか、現時点では判断が難しいですね。

最後に5分足でエントリーポイントを探すのです、が……。↴

いずれにしても日足、4時間足では下に伸び切ったところなので、エントリーは難しいのかな、と思います。
これ以上下がってこないか、のサインは出ているのですが。

以上がMTF分析の流れになります。

複数の時間を見ることによってむしろ迷って、頭がこんがらがってしまうという方は、一度デモトレードに戻って練習することをお勧めします。

マルチタイムフレーム分析は、やはり必須です。

必ず習得すべきものです。

まとめ

FXにおいて、ひとつの時間足に絞ってエントリー判断をするのは危険です。

下降トレンド継続中の1時間足だけを見ていたら、売りが優位だとバイアスがかかります。
売ったら上がるで、天底を掴まされる可能性が高くなります。

トレードは大局的に俯瞰して見ることが大切になってきます。

複数の時間を見ることによってむしろ迷いが生じるのであれば、一度デモトレードに戻って練習することをお勧めします。

マルチタイムフレーム分析は、やはり必須です。

成功に向かって、頑張りましょう。


コメント

  1. […] 【関連記事】こちらもお読みください。「マルチタイムフレーム分析は必須! その重要性と流れを掴もう!」 […]

  2. […] 【関連記事】こちらもお読みください。「FXマルチタイムフレーム分析は必須!重要性をわかりやすく解説!」 […]

  3. […] 【関連記事】こちらもお読みください。「マルチタイムフレーム分析は必須! その重要性と流れを掴もう!」 […]

  4. […] 【関連記事】こちらもお読みください。「FXマルチタイムフレーム分析は必須!重要性をわかりやすく解説!」 […]

タイトルとURLをコピーしました